スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
※このブログはランキングに参加しています。 良かったら今日も応援のクリックお願いしますm(_ _)m にほんブログ村 音楽ブログ K-POP(女性ミュージシャン・グループ応援)へ
にほんブログ村

【記事翻訳】ユンナ "毎日毎日がミッションインポッシブル"

ユンナちゃんがツィッターで紹介していたインタビュー記事を翻訳してみました。
若干話し方が固いのは
記者の方がユンナちゃんが実際に話した言葉を記事仕様にしてる為のようですね。
相談したUNのキムジョンフンさんは日本の事務所(meplus)の先輩ですね。
ミュージカルに出演することを日本で決心したのは意外でしたね!


[ヤンヒョンモのアイ・ラブ・ステージ]「シンデレラ」ユンナ "毎日毎日がミッションインポッシブル"

2015-10-08

元記事:http://news.naver.com/main/read.nhn?mode=LSD&mid=sec&oid=382&aid=0000412012&sid1=001

Cinderella.jpg

シンデレラに扮したユンナが王宮舞踏会で逃げ出た後、
ガラスの靴を抱えて王子を恋しがる場面。
初めてミュージカルの舞台に立ったユンナは、
しっかりしていてたくましいシンデレラの演技で観客の愛を受けている。
写真提供|エムミュージカルアート

歌になったと思ったら演技をかぶせなければいけなくて
演技をかぶせたら相手と呼吸を合わせなければいけなくて
初のミュージカル挑戦...すべてのことが全部至らなかったんでしょう
シンデレラのキャラクター、たくましさにキーポイントを置いた

ユンナ(27)が出演するミュージカル「シンデレラ」を観覧した日は、
俳優たちが最もミスするというその2日目の公演日だった
完璧に超緊張した初日とは異なり、二日目は、
自分でも知らないうちに緩んで来る為である
それで、初日よりも二日目にミスがはるかに多く出てくることが、
俳優たちの共通の訴えである。
かわいいシンデレラを見ることになるだろうという先入観は、
1幕が開始されるやいなや「パサッ」と音を出してつぶれてしまった。
なんと。たくましく堂々としたシンデレラだった。
王子の前で言うことみんなする、このしっかりして美しく純粋な女性に
魅せられない男がどこに居るだろうか。
ガラスの靴ではなく、穴のあいたゴム靴を履いていても関係があろうか。


この日ユンナの公演を見て帰りに「可愛いと思ったのに意外に冷たいクールな石のようなところがあったよ」
とツイッターに短い感想を書いた。だったけど...。
「冷たいクールな石ようなシンデレラと言われた方もおられるんですよ。 "
"(ドキッ)誰がそう言ったんですか?」
「(気が進まない視線を飛ばして)ヤン・ヒョンモ記者さんでしょう。みんな見ました。」

●UNキム・ジョンフンの一言「君がシンデレラ 完全形だ!」

ユンナとのインタビューは、ソウル駅三洞のC9エンターテイメントで進行された。
盆唐線 宣靖陵駅で降りて歩く蛮勇を振って汗まみれになってやっと時間通りに現れた記者に
ユンナは氷が半分である冷たい飲み物を差し出した。
- 話が出てきたついでに言えば、正直清純で可憐で女性らしいばかりであるシンデレラではなかった。
「突拍子ないながらも不敵で、しっかりしていながらも、典型的な女性美は備え賢い女性。
このいずれかのオーバーしたり、不足するといけないキャラクターだ。
バランスを合わせるのが難しい。最も重点を置いたのはたくましさだった。」
- どうしてたくましさなのか。
「継母と姉の迫害の中で生きなければならなかったシンデレラだ。
愛する両親は早く亡くなり、一人でお父さんの遺物である家に残らなきゃいけない。
嫌いでも好きでも継母はパパが愛した女性だ。
これらを守らなければならないという考えが大きかっただろう。
たくましくするしか。」
- シンデレラは王子も見つけたのに、お父さんはどうしてそんなに女性を見る目がなかったのだろうか。
"うはは!お父さんも多分女性としてマダムに接するというよりは、
娘に母親を作ってあげたいという気持ちがより大きかったんじゃないか。
早急に求めたマダムではなかったのではないか。」

- 映画に出演したことはあるが、ミュージカルは初めてである。普段ミュージカルに対する関心があった。

「もちろん。ニューヨークに仕事があって行く時はいつもミュージカル一遍ずつを見た。
来韓公演があれば、やはり必ず見に行った。 "

- ミュージカルの舞台に立ちたいという考えもあったのか。

「果たしてあの沢山のセリフと歌詞、動作ラインにダンスまですべてやり遂げることができるかを考えると怖かった。
ところがシンデレラだというではないか。今回逃すと二度とミュージカルを出来ないという気がした。 "
- だから突然の契約をした。
「悩んでいたけれど決定的なきっかけがあった。
日本でUNのキム・ジョンフン兄さんに偶然会って
ビール一杯をすることになったが、兄さんに完璧に説得にあってしまったのだ。
自分もドラマをしながらミュージカルをしたことがあるが両方出来たと。
お前こそ完璧シンデレラだと。若いからもっと上手くやることができるだろう。
だから「やろう」って思った。 "
- 練習や公演をして「私は至らないんだ」と思う時があった。
「私は、すべて至らなかった(笑)。舞踏会のシーンの場合、
ワルツステップから本当に一つも分からなかったの。リハーサル振り付けして、
完全に違うから。やっと出来たと思っても衣装を着てやるとまた違う。
ある程度歌が出来たと思ったら今度は演技をかぶせなければいけなくて、
かぶせたら相手と呼吸を合わせなければならない。
毎日がミッションインポッシブルだった。」
- 王子とのワルツ舞踏会シーンがかなり長かった。 10分にはなるようだが。
「正確に17分だ」

- ピアノを弾いて歌う姿は多く見てもワルツを踊るユンナは初めてだった。
アイドルグループ出身ではなく、
振り付け訓練のようなものを受けたこともないはずなのに。
「練習するときの親指の爪に青あざがいっぱい出来た。
バレエシューズを初めて履いてみた。
王子の手を初めて握って、踊って、
最後にキスまで行く遥かな旅程が盛り込まれた場面である。
最初はダンスに汲々したけど徐々に感情表現が出てくるようになったよ。
今は舞踏会のシーンが一番楽(笑)。」
- 王子は、4人である。みんなカラーが違うようだ。
例えば、オム・ギジュン王子はロマンチックながらもどこか可哀想に見えるとか。
「その通り。常に憂いに満たされた姿でいらっしゃる。甘くかすかである。胸が痛いものがある。
ヤン・ヨソプは優等生でありながら逸脱を楽しむやんちゃ王子。
サンドゥルは意外にとても男らしいところがある。
本物の釜山(プサン出身)の男って感じかな。ところが、目つきがとてもあどけない。
ビジュアル的に最も王子に近い人は、ケンではないか。
ところが、若干の鈍さがある王子だ。かわいいぶつぶつ呟きがある。
ケンだけの魅力的なようだ。 "

インタビューを終えて「禁断の質問」を無邪気なふりでつっけんどんに投げつけた。
ミュージカルシンデレラの最大の見どころの一つは、
シンデレラが瞬時に灰だらけの服からまぶしいドレスに着替えるクイックチェンジシーンである。
「それどんな風にするのですか?」
「マリー(妖精)が魔法でしてくれますよ。」
「もう~そんなこと言わずに。」
「原理は私たちも分かりません。何かをさっと抜くと自然になります。 "
そう。教えてくれないと思った。このような冷たいクールな石ような女性みたいだからと。

ヤンヒョンモ記者

関連記事
スポンサーサイト
※このブログはランキングに参加しています。 良かったら今日も応援のクリックお願いしますm(_ _)m にほんブログ村 音楽ブログ K-POP(女性ミュージシャン・グループ応援)へ
にほんブログ村

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

☆ユンナ☆

☆ユンナ☆
本名:コ・ユナ(高潤荷・고윤하)
1988年4月29日 韓国ソウル生まれ O型
【特技】
言語:韓国語、日本語、英語(トライリンガル)
ピアノ

日本デビュー:2004年【ゆびきり】でデビュー。
代表曲【ほうき星】アニメBLEACHのEDになりオリコン上位にチャートイン。

韓国デビュー:2006年デジタルシングル
【Audition】でデビュー。
2007MKMFミュージックフェスティバルで新人賞を受賞!

☆JPOPのアーティストで例えると☆
YUI,川嶋あい,BoA,絢香,クリスタルケイ,伊藤由奈
aiko,hiro(speed),JYONGRI,柴田淳,タイナカ彩智・・etc
上記のアーティストのファンの方に特にオススメです☆


twitter
カテゴリ
最新記事
リンク
アンケート実地中

Quickvoter™

Q.ユンナちゃんの好きなヘアースタイル

ショート
ロング
ミディアム
どちらかというとショート
どちらかというとロングかミディアム

月別アーカイブ
ユンナの歌詞☆日本☆

真ん中のボックスに 「ユンナ」で入力して検索するだけでOK~♪
最新コメント
メールフォーム
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。